REFLEX SERGE wool/ramie

fw20のメインシリーズの一つ。縦糸にウール、横糸に麻の一種であるラミーを打ち込んで企画したサージ。光を吸収するウール糸と反射するラミー糸による特質の差異が単調な黒とならずに組織の奥行きを見せる。
付けたあだ名はrex serge。
生地感としてはミディアムオンス、打ち込み密度も控えめにしてドレープ性もしっかり確保した身体馴染みが良好なシリーズが出来上がりました。
テーラードからカジュアルまで、モデルの幅が多いシリーズです。
いくつかご紹介を。

KLASICAのベーシックAラインコート。ここ数年レングスの短いアウターへ世間的に流れはシフトしていきつつも、KLASICAのコレクションにはいつでも大事なポジションのモデル。

CIGAR と名付けられたこのプリーツスカートは
エプロン的にもとらえていて、ユニセックスな提案をしているモデル。
KLASICAの初期コレクションは毎回リメイクのエプロンスカートがあったのを思い出す。

定番の5BJKT ”XX”に、初のダブルブレスト “ALEX”。
もちろん、パンツもいくつかパターンが組めるようになっていて、定番に入りつつあるサス付きの”BAREL”や新作のドローコードのワイドパンツ”GARNER”も。

モード性のあるワイドラインを産みたかったのと、カジュアル性を融合させるにあたり、パターンナーとバランスの検討をしながらたどり着いた。
実は、このドレスラインに対し、作りはトレッキングパンツの要素が強く、店頭(お買い上げ頂いた方はご自宅で)で是非ご覧ください。

nZ뢿 eu_w-ޮ+ejbgIZ-*ai, \{^Zv㲉醝^]r^')on