17FW materials vol.3

TOP DYE WOOL x ALPACA JERSEY (JP)
 柔らかな肌触りのこちらはLATE80′s~EARLY90′s あたりに某メジャーメゾンが使用した素材とのこと。古いサンプルカットをみていた中から、復刻依頼したものです。糸自体が現在もまだ作れるものだったからこそ、の企画です。

 全6モデルの展開。過度にテンションを緩めたり、きつくせず結構スタンダードな仕上げの素材なので、少しラフな表情をつけるため、製品洗いをかけたモデルもあります。

 パッチワークを各パーツにいれた2モデルとカットオフの仕上げはまさしくこの素材の素朴さが際立つアイテムになっているはずで、目立たないのですが部分によっては生地の表裏を入れ替えてさらに変化を足してあります。

 
 

 ルーズフィットのこちらは「EDEL」、も少しルーズなカーデ「SABRON CDG]もあってどちらも「つぎはぎ」なモデル。ヨレてなお雰囲気を増すのではないか?と期待している2トップ。ウォッシュのシリーズは、着ていくうちに糸のバルキー感が戻ってきます。

一方でこちらはクリーンな印象のノンウォッシュの「MTL」。プレーンなシルエットで行きたかったので、変則スプリットラグランにしてシームもデザインを補助する役割。首回りのつまったクラシックもかっこいいのですが、着る人を選ぶのも事実。今回はそれを回避してスマートに。やや低めのエリ高です。

と、いろいろ書いてみてもこのシリーズは本当は袖を通してからが一番「感じられる」のではないかなーと思っています。vol.2と同じくウールに強い尾州産です。

nZ뢿 eu_w-ޮ+ejbgIZ-*ai, \{^Zv㲉醝^]r^')on