17FW materials vol.1

BRISBANE MOSS (U.K) ”RYE”
 検索すると各方面詳しい解説は見つかるのでそこは譲りつつ、その魅力を。コットンに関しては相当なキャリアを築いていて、今もなおその人気は衰えず。今季KLASICAのデザインに乗せたのはキャバリーツイルの”RYE”というモデル。B.Mのメインイメージはやはり土臭さの残るコーデュロイやモールスキンにありそうですが、そのRYEには何か都会的なシャープさを感じたのでした。

 変わらずに作り続けられるものが、新鮮に眼に映る瞬間はいろいろありますよね。アート、プロダクト、伝統工芸など、それは時代が進んでこちらの見る目が変わったことや、新しいファクターが加わって、そのままでまた新鮮に見えてしまうことだって起きる。今回はそれが生地に起きたのかもしれません。

 この手の企画、KLASICAでは珍しいケースで、今季はそのRYEでワークからテーラードまでアイテムを作っています。
 洗うごとに体に馴染み色もフェードしてゆき、自分の持ち物になっていく感覚は、特にハードでヘヴィーなメンズテキスタイルには一つの魅力ですが、そこまで重くないこのRYE はデニムに近しい感じがします。

 ここで少し紹介を。それぞれデザインアプローチの入り口が違うモデルですが、素材力かモデル同士の相性も違和感がありません。
 こちらは”POST”。名の通り古いロイヤルポストの制服をもとにリデザインしたもの。合わせるものはもはや考える必要がなさそうなスタンダード。(特徴的なバックのポケットはUNION SUITSと呼ばれる布帛のツナギ状アンダーウェアの腰下開口部のラインから着想しています。)


 

 こちらは”ASTON”。一転、現代的なパターンニングのモデルです。ステッチをできるだけ減らしながら膝にそったカーブを強く作っています。サイドシームは膝を押し出すダーツになって途中で消えてしまいます。

 
 最後に小ネタ。B.MのネームにはE.Uのマークが入っているのですが、本格的な離脱後はデザインが変わるかもしれないです。将来のヴィンテージの指標の一つになるかも !

nZ뢿 eu_w-ޮ+ejbgIZ-*ai, \{^Zv㲉醝^]r^')on