media & limited item news on 16-17fw

on CLUCH magazine vol.51, the “hip interior” style issue.
Everyone can visit KLASICA atelier on the paper.

Thanks to Mr.Itakura (writing), Mr.Shinjo(photo) www.takashishinjo.com

遅れたニュース。
このF/W ではいくつかの限定アイテムがリリースされています。
それぞれ急ぎでお届けしたため、画像がないのですが各ウェブサイトやinstaなどでチェックを!

juillet Sapporo : 10th anniversary model
: 今季リリースされたバルマカーンコート”burry”をコレクションにはないパラフィンウェザーのオリーブとブラックで。ライニングカラーもここ限定のベージュの高密ヘリンボーン。崩した雰囲気でこなれた表情です。

boutique Hermitage Osaka
: 昨シーズンの反響から再リリースが決まった、こちらもパラフィンウェザーのロングシャツ”sh-017″がオリーブとブラックで。これは本当にシャツとコートの狭間。
いいプロダクトだと思います。
: “tro”。klasicaには珍しいタイトストレートのモデルが児島の高密度デニムで復活リリースされています。パターンもこのモデルの縫製仕様に合わせ、各所変更されております。
: 再び、パラフィンウェザー。ファンが多いバルーンスカート”all butter”。生産予定はなかったのですが、ミリタリー感を纏って復活しています。ブーツがはまりそうな印象の一着です。

re;li Kumamoto : 5th anniversary and ”RE” project
こちらは、今季のメイン素材のwool/linen のbroken twill が定番を担っていたモデルに乗りました。(そのモデルは現在休止中。)
: 1つは2タックのワイドトラウザー “samboa” 。リリース時期は太すぎると言われたこともありましたが、今となってはスマートなシルエットともいえそう。
: もう一つはファンの多いバルーンskt “all butter” 。
糸から企画した生地がそれぞれにクラシックな空気を纏わせて、ミントのヴィンテージのようです。

と、言葉を尽くしましたが、ビジュアルなしでは伝わらないもので気になられた方はこちらへ。

juillet sapporo ( juillet7.exblog.jp )

boutique hermitage ( boutique-hermitage.com )

re;li ( reli-shop.com )

nZ뢿 eu_w-ޮ+ejbgIZ-*ai, \{^Zv㲉醝^]r^')on