Monthly Archives: 10月 2017

17FW materials vol.2

BROKEN TWILL (JP)  こちらも今季コレクション内で核となる1シリーズを展開しているマテリアルです。ウールの織物産地としては歴史ある尾州のもの。KLASICAの秋冬には近いタッチのものが「必ずある」ラインの一つといえそうです。  サージや平織りなどのベーシックなスーツ地に用いられていた糸を、フラットなのに凹凸が感じられるように組織変更してみました。加えて、よりしなやかで膨らみがあるタッチを再現するため、織り上がりを早い段階でワッシャーして糸自体の膨らみを取り戻して完成、という流れ。ラフさと厚みが出てきます。  少し古ぼけたドレス感のあるこの素材、KLASICAを立ち上げた頃のアプローチ方法であるリサイズ、リメイク、リペアをテーマにしたモデルが多め。当時、ミリタリーのデッドストックを遊ぶように使ってリメイクなどしてましたが、それがここに続くとは…な感じです。  フランス軍 H.M (Hôpital Militaire) のコートをベースに、前後身頃のボリュームバランス、アーム、ライニングのカット、など全方位の見直しをしつつklasicaのスタイルにまで引き上げました。モデル名はhm-c。分かりやすい。パターンメイクの打ち合わせ時からすでにいい予感しかなかったモデルの一つ。一見ダブルの合わせですが、片側はボタンが全部外されてしまった….ように1点ずつその痕跡を残しています。 モデルはバッグデザイナーのMarko (ruksag.com)サンクス。  一度大きいジャケットとトラウザーをつくり、各所手縫いでつまみながらリサイズ、さらに大きく手まつりのタックで前後のサイズ合わせ、と今季のKLASICAのアプローチが強く出ているアイテムのコンビ。  異形の遊びと仕上がりのシルエットの両立。このシリーズのアイテム名はSABRON ****となっているものが多いのですが、それは IZIS の一枚の写真から名付けられています。  モデルはヒロ。サンクス。