17FW materials vol.1

BRISBANE MOSS (U.K) ”RYE”
 検索すると各方面詳しい解説は見つかるのでそこは譲りつつ、その魅力を。コットンに関しては相当なキャリアを築いていて、今もなおその人気は衰えず。今季KLASICAのデザインに乗せたのはキャバリーツイルの”RYE”というモデル。B.Mのメインイメージはやはり土臭さの残るコーデュロイやモールスキンにありそうですが、そのRYEには何か都会的なシャープさを感じたのでした。

 変わらずに作り続けられるものが、新鮮に眼に映る瞬間はいろいろありますよね。アート、プロダクト、伝統工芸など、それは時代が進んでこちらの見る目が変わったことや、新しいファクターが加わって、そのままでまた新鮮に見えてしまうことだって起きる。今回はそれが生地に起きたのかもしれません。

 この手の企画、KLASICAでは珍しいケースで、今季はそのRYEでワークからテーラードまでアイテムを作っています。
 洗うごとに体に馴染み色もフェードしてゆき、自分の持ち物になっていく感覚は、特にハードでヘヴィーなメンズテキスタイルには一つの魅力ですが、そこまで重くないこのRYE はデニムに近しい感じがします。

 ここで少し紹介を。それぞれデザインアプローチの入り口が違うモデルですが、素材力かモデル同士の相性も違和感がありません。
 こちらは”POST”。名の通り古いロイヤルポストの制服をもとにリデザインしたもの。合わせるものはもはや考える必要がなさそうなスタンダード。(特徴的なバックのポケットはUNION SUITSと呼ばれる布帛のツナギ状アンダーウェアの腰下開口部のラインから着想しています。)


 

 こちらは”ASTON”。一転、現代的なパターンニングのモデルです。ステッチをできるだけ減らしながら膝にそったカーブを強く作っています。サイドシームは膝を押し出すダーツになって途中で消えてしまいます。

 
 最後に小ネタ。B.MのネームにはE.Uのマークが入っているのですが、本格的な離脱後はデザインが変わるかもしれないです。将来のヴィンテージの指標の一つになるかも !

お知らせ : 価格表記に関して

web上での価格表記を控えるスタイルで始めた’17-18 FWですが、
ウェブショッピングご利用のお客さまに大変不都合を生んでいると各方面からご指摘とご意見をいただきました。

システム修正などでタイミングは各所ずれると思いますが
9/8 金曜日より元にもどします。

お客さまとディーラーさま各位、ご不便とご迷惑おかけいたしまして申し訳ございません。

この場をかりてお詫び申し上げます。

KLASICA atelier

2017FW “RE-TOILE”

2017-18 FW “RE-TOILE” デリバリー。

今回は、立ち上げ当時のリメイクや補修などの工程を再び考えつつ、手作業を加えながら製作しました。

断ち切りのフィニッシュや一点ずつのハンドメイド、手縫いパート、手編み、完成した型紙をまた裁断して形を作り変えていくといった、ベーシックなところから、少しクレイジーなところまで様々な手法と角度でトライしております。
スタンダードからクラフトフィニッシュまで素材も一癖ありです。

各ディーラー様で手にとって素材感や構造などいろいろ感じ取っていただけるとうれしいかぎりです。

今期のコレクションページ、アップしました。
(そして、スミマセン。気づいたのが18SSをWEBに全くアップしてなかった。ので今更ですがそちらも簡単ですが見れるように…。)

K

thanks a lot !!

All schedule of 18ss full line collection exhibition has finished. Largest thanks to all visitors !!!
After 1 day Fuji Rock Fes. day off, we are now facing last finish of 17fw collection.
Please wait a little. it comes soon….

パリも東京も暑い日々の中、開催された展示会へご来場いただいた皆様、ありがとうございます。
新たな出会いと別れのあるシーズンでしたが、早くも18fwのヒントも見えそうな会期でした。
日帰りフジロックの休みを挟み、17fwへ戻っています。出荷の準備に入っております、少々お待ちを。近いです。

exhibition 18ss in Paris and Tokyo

22 – 28 / June / 2017
17 rue des Filles du Calvaire 75003 Paris
at Lakic showroom

11-27 / July / 2017
every Tuesday to Thursday
at KLASICA Atelier (with appointment only)

french blue

ユーズドのエプロンが少量で入荷しています。
そこまで古くはない、定番の半円デカポケx1。

退色加減のいいものを選べば、必然ユーズドばかり。デッドストックははずしました。
c100とpoly混の2種。やれたコットンの風合いも捨てがたいですが、度重なるプレスで(?) poly混じりのほうが光沢の美しいブルーが多い傾向。そこはお好みで。
店頭以外のストックが奥にもう少しありますのでそれぞれの「青」とコンディションを較べてみてください。

schedule

5/3は 下北沢店 オープンいたします。
平日通りの15-21時です。
limited な夏のルーズパンツ、明日よりリリースいたします。
スタッフは久々の…

’17ss model “circa”

今季、ニューリリースのcirca.
現代の洋服では見慣れない印象もそのはずで、19世紀にフランスで作られたジャケットがベースになっています。
 かつてのオーナーはおそらく、体格のよかった方だったのかもしれません。後ろ身頃のウェストシェイプのための切り替えがあまり機能していなかった。
 が、そのバランスや袖のカーブなど、完成されたアンバランスを感じ、KLASICAのアレンジはギリギリまで加えないように取り組みました。
 元はオフホワイトのシルクリネン。ミュージシャンのスタジオジャケットとして使われていたとのこと。ただ、この時代には似たデザインが各職種に見られるので、おそらく雛形があり各人にアレンジが加えられながらオートクチュールのように制作されていたのかもしれません。

17SSでも、最も力強いマテリアルの太番手のRAMIE シャドウチェック/ストライプで制作しています。ワイドボトムに合わせていただけると本望。(楽器は弾けなくてもあり。)

news

TE DORE: TO MIND – KLASICA

KLASICA tiny shop at Local area in Tokyo Shimokitazawa, on
tedore mag. writing: Lisbeth breland saalmink

ライターのリスベットはいつも取材してくれているマルロの奥様。
かっこいい二人なんだ。 シモキタのローカルショットから始まるこのジャーナル、世界のどこで読まれるのか考えると不思議な感じ。日本語のサイトをついつい見てるから、ことさらに。

17-18 FW Exhibition in Tokyo :::

パリの展示会も無事に終了。関係者各位に感謝します!
次いで東京の展示会のお知らせです。

2/7-9, 14-16, 21-23。(すべて火曜から木曜。)
10:00 – 19:00。
@KLASICA Atelier
スペースの都合上、アポイント制になっております。

週末の土曜はフレンズ/プレスデーです。